日本歯科無痛治療協会タイトル

日本歯科無痛治療協会 入会希望の先生へ

日本無痛治療協会では、歯科治療の無痛化を研究・実践し、国民の健康と福祉に貢献することを目的とする歯科医師であれば、入会していただくことができます。

入会を希望される先生は、会則を全てお読み頂いた後に申込書をご記入の上、FAXまたは郵送にて日本無痛治療協会まで送付ください。

無痛治療協会への登録は無料です。


日本歯科無痛治療協会の規約

日本歯科無痛治療協会の規約
第1条 名称
本会は、日本歯科無痛治療協会 Japan Painless Dentistry Association (J.P.D.A.) と称する。
第2条 事務局の所在地
本会の事務局は、豊中市本町 2-4-2 大前ビル3F に置く事とする。
第3条 目的
本会は歯科治療の無痛化を研究・実践し、国民の健康と福祉に貢献することを目的とする。
第4条 事業
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)無痛治療の施術可能な歯科医院の公開
(2)講習会、研修会、その他本会の目的を達成するために必要な事業
第5条 会員
本会の会員は次の通りとする。
(1) 正会員
(2) 賛助会員
(3) 顧 問
第6条 正会員
正会員は本会の目的に賛同する医療関係者で、本会の定める手続きを経た歯科医師個人とする。
第7条 賛助会員
賛助会員は本会の目的に賛同し、本会の事業を後援する法人・団体、または法人に属さない個人とし、本会の定める手続きを経て会長に承認されたものとする。
賛助会員はその法人あるいは団体を代表する個人1名と定め、届け出なければならない。
また、届け出のあった代表者1名の変更がある場合には本会の定める手続きを経て、会長の承認が必要となる。
第8条 顧問
顧問は本会のために特に功労のあった者で、会長が承認した個人とする。
第9条 退会
会員より所定の手続きを経た場合、退会できる。
第10条 入会の手続き(正会員)
正会員として入会を希望する者は、所定の入会申込書に必要事項を記入し、協会事務局に申し込まなければならない。
第11条 入会の手続き(賛助会員)
賛助会員として入会を希望する者は会長の推薦を受け、所定の入会申込書に必要事項を記入し、会費を添えて協会事務局に申し込まなければならない。
第12条 退会の手続き
退会しようとする会員は、協会事務局に届け出なければならない。
第13条 自然退会
また賛助会員にあたっては、その法人あるいは団体が解散したときには退会と見なされる。
第14条 除名
会員が本会の会則に違反し、または本会の名誉を著しく損なった場合には、協会は会員を除名することが出来る。
第15条 会長
会長は本会を代表し、会務を総括し、第4条(1)および(2)に定める学術会議および総会、研究会、講習会を主催する。
第16条 学術会議の開催
学術会議は会長が主催し、およそ1年に1回開催するものとする。
その運営の方法ならびに場所などは会長に一任され、会長は必要な人員と構成からなる集会運営委員会などの会議を組織し、運営することが出来る。
第17条 セミナー等の参加資格
学術セミナー・研究会・講習会等の参加者は本会会員に限る。ただし、会長が認めた場合はその限りではない。
第18条 会費(正会員)
正会員の会費は無料とする
第19条 会費(賛助会員)
賛助会員の会費は1年間50,000円とし、年度途中入会の場合でも全額納入するものとする。
第20条 会費(顧問)
顧問の会費は無料とする。
第21条 会費
セミナー等に参加・聴講する場合には、当日の参加費を事前に支払わなければならない。
尚、参加費については会ごとに変動するものとする。
第22条 施行
本会則は平成16年9月1日より施行される。

上記会則をすべて承諾された先生は、下の入会申込書にご記入の上、日本歯科無痛治療協会にFAXまたは郵送にてご送付ください。

入会申込書

入会申込書がダウンロードできない場合、プリントできない場合には、e-mailまたは FAX にて先生のご氏名・ご住所・電話番号・ファックス番号を明記の上、日本歯科無痛治療協会に入会申込書を請求してください。
折り返し送付させていただきます。

日本歯科無痛治療協会事務局

〒560-0021 大阪府豊中市本町2-4-2 大前ビル3F
e-mail : apoint@mutuu.com
FAX 06-6844-4646

日本歯科無痛治療協会 組織概要

日本歯科無痛治療協会TOPへ

ホワイトニング